レーザー加工高度化フィールド

概要 装置の仕様・能力

レーザー加工高度化フィールド見取り図

 レーザー加工高度化フィールドでは、レーザー光を熱源として廃止措置に適用する技術開発を行うための試験装置と計算コードを装備しています。試験装置では、3つの多関節アーム用いて溶断や溶接などの加工試験が可能です。
 また、計算コードでは、レーザー光の熱源により構造物への入熱、溶融、凝固を予測し、レーザー加工条件を検討できます。

多関節レーザー加工アームシステム

多関節レーザー加工アームシステム

 実験室には3つの多関節アームが設置されており、それぞれのアームにはレーザー照射ヘッド、溶断対象物保持装置、およびスパッタ回収治具が備えられています。
 別室にある10KWレーザー発振器から、照射ヘッドまで光ファイバーでレーザー光が導かれます。本試験装置により、レーザー加工や作業手順の実験、検討を行うことができます。