廃止措置解体技術検証フィールド

概要 装置の仕様 装置の能力

廃止措置解体技術検証フィールド見取り図

 廃止措置解体技術検証フィールドでは、複合現実感(MixedReality:MR)システムを利用してふげんのプラント内を実寸の臨場感で仮想体験できる設備を整備しています。ここでは、廃止措置作業で必要となる現場の事前確認・検討、機材の操作性確認、作業者の被ばく予測などを可能とします。

複合現実感(MR)システムの活用

 廃止措置作業を安全かつ合理的に実施するためには、作業手順などを事前に十分検討する必要があります。この方法の一つとして、複合現実感(MR)システムを活用することにより現場に入域することなく、実寸大で臨場感ある現場を仮想体験するという方法があります。
 MRシステムでは、現場の線量当量率(mSv/h)の可視化、解体設備の解体手順の検討、仮設機材(足場、養生、遮蔽)の設置場所や大きさの検討、解体作業に必要な設備の搬入ルートや干渉確認が可能です。
 MRシステムは、MRシステム開発室に設置され、HMD(頭部装着ディスプレー)、MR用PC、光学カメラ、50インチディスプレーなどから構成されています。

線量当量率(mSv/h)可視化 解体手順の合理化検証 作業性の検証 作業性の検証
「複合現実感(MR)システム」とは

MRシステムイメージ

 光学カメラによりHMDやハンドツールの位置・姿勢を検出することで、MR体験者に正しい表示画像(3D)を見せることができます。MRの稼働領域は約幅4.5m×奥行4.0m×高さ2.5mの範囲で、この中を動きながら現場体験をすることが可能です。 MR体験者は1名で、MR体験者以外の人はMR体験者の見ている映像を2D映像としてディスプレーで確認することができます。
 このMRシステムは廃止措置作業に参入したい県内企業を支援し、人材育成、技術力の向上を図るとともに大学生などの実習体験などに活用していただくことを想定しています。